今話題のうつ治療法!磁気刺激療法(TMS)

こんな方におすすめです

うつ病の新しい治療方法として注目されている磁気刺激療法(TMS)。次のような方に特におすすめです。
※すべて自費診療になります。

向精神薬の服用に抵抗がある、
できれば飲みたくない

向精神薬の副作用が心配で、できれば向精神薬を飲みたくないという方にぴったりの治療法。磁気刺激療法の大きな特長のひとつが副作用が少なく安全性が高いこと。向精神薬を飲むことも、副作用の心配もすることなく、うつ病の治療が行えます。

薬の飲み合わせが心配、
または向精神薬が飲めない

精神疾患以外の持病があり、その治療薬を飲んでいるという方は、向精神薬との飲み合わせの心配があったり、あるいは向精神薬の服薬に制限があることも。投薬ではない磁気刺激療法なら、このような方でも大丈夫です。

うつ病がなかなか治らない。
もう何年も悩まされている

うつ病の患者さまの中には、向精神薬があまり効かず、何年も治療を続けている方がいます。磁気刺激療法は、このような難治性・薬物抵抗性うつ病の方に有効な治療法として注目されています。

短期間で効果を出したい

精神疾患の治療は長期に渡る場合がほとんどです。しかし磁気刺激療法の治療期間は、4~8週間と短期間。入院の必要もなく、週5回、1回約1時間程度の外来通院で治療が行えます。※回数、期間などは個人差があり、医師との相談により決められます。

磁気刺激療法とは?

磁気刺激療法(TMS)は脳の活動を回復させる治療法。海外ではすでに保険が適応される確立した治療法であり、その有効性は、世界中で行われている多くの臨床研究により、証明されています。

磁気刺激療法は…

磁気刺激療法(transcranial magnetic stimulation:TMS)は、正確には経頭蓋磁気刺激療法といい、うつ病には反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)が用いられます。この「r」はrepetitive(反復)の略です。とはいえ、一般には「磁気刺激療法」「TMS」と呼ばれることが多いようです。

欧米では保険適用

アメリカ発の磁気刺激療法は、海外ではすでに保険が適応される確立した治療法であり、その有効性は、世界中で行われている多くの臨床研究により、証明されています。日本では、2012年にNHKで紹介されたことをきっかに注目されるようになりました。※2017年10月現在、日本では保険適用外。

脳の活動を回復させる治療法です

「心の病気」といわれるうつ病ですが、実は脳のトラブルが原因であることはすでに知られています。実際にうつ病患者さまの脳を調べてみると、脳の血流量や代謝が低下していることが分かります。

磁気刺激療法は、磁気の刺激によって脳の活動を回復させる治療です。

脳の左側の「背外側前頭前野」という大脳皮質の特定の部位を磁気刺激で活性化させて意欲や思考力、判断力を正常化させ、さらに不安、悲しみ、恐怖などの感情をつかさどる「扁桃体」に二次的な刺激を与えて過剰な活動を抑制させる。それにより脳の活動を正常に回復させるのが磁気刺激治療の治療方法です。

TMS_Chart01

メリットとデメリット

「難治性・薬物抵抗性うつ病の方に有効」「副作用がない」など、とても魅力的な磁気刺激療法ですが、デメリットもあります。

メリット

・難治性・薬物抵抗性うつ病の方に有効
・副作用がほとんどない

・通院治療のみで行える
・他の治療薬を服用中でも行える

デメリット

・頭皮にピリピリとした痛みを感じることがある
・週5日の通院が必要
・保険適用外のため、自費診療である

磁気刺激療法の流れ

TMS_rTMS01

1回約1時間を週5日、4~8週続けます

治療は通院外来で行います。1回約1時間、週5日を4~8週続けるのがベストですが、回数や期間などは個人差がありますので、磁気刺激療法が適応かどうかを含め、医師とご相談ください。

STEP-1-椅子に座る

着替えなどの必要はありません。
患者さまは、スイムキャップのような帽子をかぶり、ゆったりと椅子に座っているだけで治療が始まります。

磁気の調整-2-STEP

患者さまの準備ができたら、医師がコイルを頭の左側にセットし、磁気を流します。痛みは特にありません。
多少頭皮にピリピリするような刺激を感じる程度です。刺激を強く感じる場合は、医師が磁気の強度を調整します。

STEP-3-磁気を流す

治療時間は約40分です。
この間、4秒間磁気を流して26秒間休憩するを75回繰り返します。

30分で終わり-4-STEP

治療後約30分間クリニック内で過ごしていただき、
終了です。
私たちの心療内科の診療についてや、担当する医師の紹介、および診療日時やご予約についてなどは以下のリンクよりお進みください。

心療内科の診療

心療内科の診療

治療や検査の方法について

医師紹介

医師紹介

私どもの医師を紹介します

診療日時

診療日時

こちらよりご確認ください

予約

予約

こちらより別サイトへ…