社交不安障害は「あがり症」で立派な病気です

これって、社交不安障害?!

社交不安障害は、「ある特定の状況や場面」に遭遇すると、強い不安や恐怖を感じ、さまざまな症状が表れるという疾患です。不安や恐怖を感じる対象は実にさまざまです。

人前で話すのが怖い

人前で挨拶しようとしたところ、突然頭が真っ白に。焦るほどしどろもどろになり、冷や汗が止まらず、体も声も震えてしまった。

電話に出るのが怖い

電話だと、口がもつれたり、声が震えてしまう。だんだん電話が鳴るだけで動悸がして手が震えるようになった。

人前で字が書けない

人が見ていると手が大きく震えてしまい、うまく文字が書けない。意識すると、震えは大きくなる。

赤面症で恥ずかしい

顔が紅潮することを過剰に意識し、「どうしよう、笑われる。恥ずかしい」と不安に思う。しだいに大勢の人の前などを避けるように。

視線が気になる

他人が自分のことをどのように見ているか気になる。自分の視線が相手を不快にさせていないか気になる。

人の輪に入れない

コミュニケーションの取り方が分からない。周りから浮いていると感じる。ごく限られたコミュニティー以外との付き合いを避ける。

人と食事ができない

人に食べているところを見られると、食べ物がのどを通らなくなる、吐き気やめまいがする、無理に食べようとすると体が震える。

手が震える

名刺交換やお茶出し、資料配布時など、他人の視線が自分の手先に注がれていると思うと、恥ずかしいほど手が震えてしまう。

汗がとまらない

たいして緊張する場面ではないのに、大量の汗をかいてしまう。「恥ずかしい」「異常だと思われる」と思うほど、汗がとまらなくなる。

もしお腹が鳴ったら…

「お腹が鳴ったらどうしよう」「周りの人に笑われてしまう」という思いにとらわれ、不安や緊張を感じる。

人がいると尿意が止まる

近くに他人がいると不安や緊張を感じて排尿できなくなるため、公衆トイレなど、不特定多数が利用するトイレが苦手。

社交不安障害ってどんな病気?

社交不安障害は「あがり症」のこと。あがり症は性格の問題ではなく、りっぱな病気です。

社交不安障害は、簡単に言うと「あがり症」のことです。人前に出ると不安や緊張から「話ができなくなる」「顔が真っ赤になる」「汗が噴き出す」などの症状が表れます。しかしこれらの症状は、「内向的」「恥ずかしがり屋」「緊張しい」などの性格的な問題として片づけられていました。

確かに、人前で緊張してしまうのは、性格的な部分が大きいでしょう。しかし通常は、いくら緊張する場面であれ、経験を積んでいくと慣れてきて、あまり緊張しなくなります。

ところが、社交不安障害の人は「慣れる」ということがありません。それどころか、ますます苦痛になり、日常生活や人間関係にも支障がでてきてしまいます。その結果、不安や緊張の対象となる場面に遭遇することを避けるようになり、学校中退、不就業、アルコール依存症、結婚できないなどの問題が起こるのです。

治療の重要性

本来、「引っ込み思案で目立ちたがり屋」な性格。治療すると活躍する人も。

社交不安障害の人たちは「自分の心が弱いからではないか」「こんな悩みを人に相談してもしょうがない」「きっとそのうち治るだろう」と、苦痛を周りに訴えることなく、ひとりで抱え込んでしまう傾向にあります。

しかしながら、社交不安障害は病気です。「あがり症」はりっぱな病気であり、治療すれば必ず治ります。本来、「引っ込み思案で目立ちたがり屋」な性格のため、治療すると社会で活躍する人も多くいます。ぜひ勇気を出して、医師に相談しましょう。

心理的な症状と身体的な症状

不安や恐怖の対象はさまざまでも、身体的症状は、どの恐怖症にも表れます。

社交不安障害は、ある特定の場面で不安や恐怖を感じてしまう、心理的な症状です。代表的なものに、スピーチ恐怖、電話恐怖、書痙、赤面恐怖、視線恐怖、対人恐怖、会食恐怖、振戦恐怖、発汗恐怖、腹鳴恐怖、排尿恐怖があり、実際には体にさまざまな反応が表れます。動悸、めまい、発汗、手足のふるえ、赤面、青ざめる、声が出ない、声が震える、口の渇き、息苦しい、頭の中が真っ白になる、吐き気、尿が近い・出ないなどです。

ただし、電話恐怖の人が緊張から紅潮する場合もありますし、赤面恐怖の人がめまいや動悸に襲われる場合もあります。身体的症状は、どの恐怖症にも表れるものです。

様々な不安障害

社交不安障害は不安障害のひとつです。不安障害にはいくつかの種類があります。

・パニック障害
・全般性不安障
・害強迫性障害

間違えやすい病、合併しやすい病

社交不安障害と同じような症状があっても、実は別の病気のことがあります。また、併発・合併しやすい病気もあります。まずは医師に診てもらうことをオススメします。

・大うつ病性障害
・双極性障害
・パニック障害
・統合失調症
・アルコール依存症 など

私たちの心療内科の診療についてや、担当する医師の紹介、および診療日時やご予約についてなどは以下のリンクよりお進みください。

心療内科の診療

心療内科の診療

治療や検査の方法について

医師紹介

医師紹介

私どもの医師を紹介します

診療日時

診療日時

こちらよりご確認ください

予約

予約

こちらより別サイトへ…