統合失調症を治そう!

統合失調症は「不治の病」ではありません

「不治の病」と思われていたのは過去の話。統合失調症の治療は日々進化しており、多くの方が回復しています。再発や症状の悪化を繰り返して治療を諦めてしまった方、治療に不安を感じて受診できずにいる方、まずは当クリニックに連絡を!

統合失調症は
回復する病です

統合失調症と聞くと、「精神病棟に強制入院させられる」「普通の会話もできなくなる」「一生治らない」などのイメージを持っている人もまだいるようですが、それは全くの誤解。多くの統合失調症患者さまは回復し、症状をコントロールしながら、普通に社会生活を送っています。

再発や悪化は、
自己判断による
服薬の中断が原因

統合失調症から回復する患者さまと、再発や症状の悪化を繰り返す患者さまの違いは、医師の指示通りに服薬を続けているかということにあります。実は、統合失調症患者さまの約半数は、自己判断によって服薬を中断してしまった経験があり、そのうちのほとんどの方が、再発や症状の悪化を経験しているのです。

統合失調症の治療は
日々進化しています

統合失調症の服薬治療は他の精神疾患と比べても長期に渡ります。そのため、自己判断で服薬を中止してしまう方が多いようです。また、「副作用がつらい」「薬の量が多い」「なぜこんなに薬が必要なのか納得がいかない」など、薬に対する不満や不信感などもあるといわれています。

しかし、統合失調症の治療は日々進化しています。以前と比べて副作用の少ない薬も出ていますし、近年注目されている「LAI(持続性注射剤)」という経口薬以外の選択肢もあります。

また当クリニックでは、薬の量が多い「多剤併用」で治療中の患者さまの場合、薬の量を徐々に減らし、単剤での治療を目指します。実は、精神疾患が治りにくい原因の一つが、多剤併用にあることが分かっているのです。この「単剤による治療」は、当クリニックが目指し、実践している治療でもあります。

その他、薬物療法にデイケアやリワークを組み合わせることで、さらに回復が見込めます。

諦めてしまった方はもう一度!治療がまだの方はまず一歩を!

「病棟への強制入院?!大量の飲み薬?!」

…といったよくないイメージや長期に渡る治療が障害となり、再発や悪化を繰り返しつつも治療を諦めてしまった方や、まだ治療を受けていない人が大勢いるといわれています。

統合失調症は正しい治療で回復する病です。どのような治療法があるのか、どのような薬物療法があるのか、医師が丁寧に説明します。まずは当クリニックにご連絡ください。

統合失調症とは

誰かに狙われている、監視されているといった幻覚や妄想が、統合失調症の特徴。ときに会話や行動が滅裂に見えてしまうことや、自分は病気ではない、自分は正常であるいう思い込みも。根本的な原因は分かっていません。

症状は二つに分けられます

統合失調症はおよそ100人に1人がかかるとされる、比較的身近な病気です。その症状は重軽度により実にさまざまですが、大きく「陽性症状」と「陰性症状」に分けることができます。

【陽性症状】

陽性症状とは、統合失調症の代表的な症状である幻覚と妄想を指します。統合失調症に現れる幻覚と妄想には、他人が自分に対して悪い働きかけをする、不安や恐怖を引き起こすといった特徴があります。幻覚や妄想により、ぶつぶつと独り言を言っていたり、一人でにやにや笑っているといったことも見られます。

【陰性症状】

幻覚や妄想といった表に出る症状の「陽性症状」に対して、意欲の減退や社会的ひきこもりといった内にこもるような症状を「陰性症状」といいます。主に、著しい無気力、うつ症状、自閉といった「意欲の障害」と、表現が乏しい、適切な感情がわきにくい、他人の感情や表情が理解できないといった「感情の障害」があります。

自分では気づかない

病識がない

統合失調症の患者さまの多くは、妄想や幻覚が病気によって起こっている症状であることを認識できず、自分は病気ではない、自分は正常であると思い込んでいます。これも、「病識の障害」と言われる、統合失調症の典型的な症状のひとつです。

根本的な原因は不明

人生の岐路

統合失調症の根本的な原因は不明ですが、発症には、素因と環境の両方が関係していることが分かっています。つまり、統合失調症になりやすい要素を持った人が、ストレスや人生の転機といった環境の影響を受けたことにより、発症するのではないかと考えられているのです。

統合失調症の治療法

統合失調症の治療は、薬物療法とリハビリテーションなどの心理社会的な治療を組み合わせて行います。 これらは組み合わせることで相乗的な効果が期待できます。
薬物療法は飲み忘れの心配がない
「LAI専門外来」がおすすめ

幻覚や妄想が強い時期には、薬物療法をきちんと行うことが不可欠です。

統合失調症の治療に用いられる主な薬物は、抗精神病薬です。以前は経口剤が中心でしたが、1日に何度も飲むのが大変、飲み忘れてしまうといった問題から、月に1~2回打つだけでよいLAI(持続性注射剤)が注目されています。

統合失調症は再発や症状の悪化を繰り返すことの多い疾患ですが、その原因のひとつが自己判断による服薬の中断です。「いまの薬をやめたい」「副作用がつらい」などの悩みがある場合は、自己判断をせず、必ず医師に相談しましょう。

入院が必要な場合は
他の病院を紹介します

医療の進歩により、以前に比べて外来でできる治療が増えています。とはいえ、幻覚や妄想によって通常の日常生活をおくることが困難である、病識の障害により服薬や静養など治療に必要な最低限の約束を守れないといった患者さまには、入院治療をおすすめする場合があります。必要に応じて、入院施設のある連携病院を紹介いたします。

また、退院後のLAI治療の継続をご希望される方の受け入れもしております。

リハビリ(デイケア・リワーク)
で社会復帰を目指す

薬物療法が症状を改善する治療であるのに対し、生きる意欲と希望を回復し、充実した人生をめざすのがリハビリです。薬物療法と組み合わせることで、その効果を発揮します。

市ヶ谷ひもろぎクリニックのリハビリは、統合失調症「リワークデイケア」として、会社や仕事に発症の要因がある患者さまが、再び会社に復帰するための訓練を行うプログラムです。また従来型統合失調症の「デイケア」については、当グループのホヅミひもろぎクリニック(池袋)において、家庭生活や社会生活における障害の回復を目指す、生活自立のためのプログラムをご用意しています。

投薬や来院を忘れない
…ためのお助けシステム

統合失調症の患者さまに多いのが、日々の服薬時間や次回来院の日時を忘れてしまうことです。当クリニックには、これらのうっかり忘れを防止するためのお助けシステムがあります。ぜひご活用ください

私たちの心療内科の診療についてや、担当する医師の紹介、および診療日時やご予約についてなどは以下のリンクよりお進みください。

心療内科の診療

心療内科の診療

治療や検査の方法について

医師紹介

医師紹介

私どもの医師を紹介します

診療日時

診療日時

こちらよりご確認ください

予約

予約

こちらより別サイトへ…