男性更年期障害なのか?うつ病なのか?専門医同士が話し合うから安心

男性更年期障害なら、当クリニックへ

市ヶ谷ひもろぎクリニックは、男性更年期障害なのか?うつ病なのか?を的確に判断する為に、常に泌尿器科医の診察の裏付けとして心療内科医が待機しているのが、当クリニックの強みです。

男性更年期障害は「早期発見」が大切

男性更年期障害は、加齢による男性ホルモンの低下が主な原因です。そこに、過度のストレスや肥満などの要因が重なり、症状があらわれます。代表的な症状は、倦怠感、気力・集中力の低下、男性機能の低下などです。

これらは、うつ病の引き金にもなります。「たかが更年期障害」とあなどっていると、ある日うつ病を発症していた、ということにもなりかねないのです。

うつ病と更年期障害の鑑別診断の難しさ

男性更年期障害そのものをうつ病だと考える精神科医や、背景にある気分障害の存在を意識しない泌尿器科医もいます。しかしこれが、症状の悪化を招くこともあります。

泌尿器科医の場合

患者様が診ていただいたのが泌尿器科医だけだった場合、気分障害の存在を意識しないで男性更年期障害と判断します。
泌尿器科専門クリニックに来た

問診

採血検査あり
男性更年期障害と診断
気分障害(うつ病)が悪化!

心療内科医の場合

患者様が診ていただいたのが心療内科医だけだった場合、医師は心の症状に注目し、男性更年期=うつ病と判断します。
心療内科専門クリニックに来た

問診

採血検査なし
うつ病と診断
男性更年期障害が悪化!

だから泌尿器科と心療内科の両方からアプローチ

当クリニックの特徴は、男性更年期障害の専門医である泌尿器科医と精神科医が共同で治療する点です。症状の起因が精神的、身体的どちらであっても、更年期障害である可能性に注目し、根本的な快復を目指します。不定愁訴や精力の減退などにお悩みの方、急に気力が低下してがんばれなくなった方は、ぜひ一度お越しください。まずはご連絡お待ちしています。

泌尿器科医

心療内科医

担当する医師の紹介、および診療日時やご予約についてなどは以下のリンクよりお進みください。

泌尿器科の診療

泌尿器科の診療

治療や検査の方法について

医師紹介

医師紹介

私どもの医師を紹介します

診療日時

診療日時

こちらよりご確認ください

予約

予約

こちらより別サイトへ…