「NIRS(光トポグラフィ)検査」に関する英語論文が海外医学ジャーナルに掲載されました

理研の加藤忠文先生、酒井直美氏、日本うつ病センター 六番町メンタルクリニックの野村総一郎先生と共に渡部芳徳理事長が書かれた英語論文が海外医学ジャーナルに掲載されました。

NIRS検査のみで臨床症状を詳しく聴取せずに双極性障害と誤診・過剰診断していることが多い現状を、理化学研究所の加藤先生とともに報告させていただきました。NIRS検査と気分安定薬・抗うつ薬の薬剤反応性に関しては、今後データを解析して行きたいと考えています。

詳細は無料サイトへどうぞ:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pcn.12561/full

 

保存保存

保存保存

11月10日牛島定信先生無料講演会のお知らせ・テーマ「パーソナリティ障害」

ホヅミひもろぎクリニック院長の牛島定信先生の無料講演会を開催いたします。テーマは「パーソナリティ障害」です。

社会参加(登校・就職)に困っていませんか-今日の若者の人格成長を考える-

最近、思春期、成人期にかけて人格の成長がままならず、将来の自分の姿が描けずにいる人が増えてきました。不安障害、双極性障害、発達障害と診断されていることが多くありますが、精神科の病気を越えて自分の人生を考えてみるのも意味があると考えております。

どなたでもご参加いただけます。この機会にぜひご来院ください。

【日 時】
2017年11月10日(金)
14:00〜15:00(受付開始14:30)
※医師へご質問いただける時間がございます

【場 所】
市ヶ谷ひもろぎクリニック1階

【連絡先】
東京都新宿区市谷田町2−31−3
市ヶ谷ASUKARAビル
電話:03-5946-8586
HP:http://ichigaya.himorogi.org

【定 員】30名
関心がおありの方、お電話で事前のご登録をお願い致します。

当日はご希望の方にMOMINOKI HOUSEプロデュースの玄米焼きおにぎりでおもてなしいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

保存保存

保存保存

ニッカンプラス10月号に渡部先生の記事が掲載されました

ニッカンプラス10月号「賢者・患者 かしこく治そう」のコーナーに、“PTSD(心的外傷後ストレス障害)慢性化させないために早期治療!”というタイトルで、渡部先生の記事が掲載されました。

生命の安全が脅かされるような、強烈な精神的障害を受けることが原因で発症するPTSDの症状、回復の経過、治療方法について掲載されています。また、早期発見、早期治療することで改善率が良くなることをお伝えしています。

治療をご検討される方は、ぜひ当院までご相談下さい。

 

保存保存